2010年05月31日

【観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー】

『アイアンマン』(2008年 米)

アイアンマン.jpg
(C) 2008 MVLFFLLC. TM & (C) 2008 Marvel Entertainment. All Rights Reserved.

『アイアンマン』(原題: IRON MAN)
2008年 アメリカ作品
監督 : ジョン・ファヴロー
出演 : ロバート・ダウニー・Jr.、 テレンス・ハワード、 ジェフ・ブリッジス、 グウィネス・パルトロウ ほか


---- あらすじ/ストーリー ----
軍事企業CEOにして天才発明家のトニー・スタークは、武器のデモで訪れたアフガンで武装集団に拉致され、兵器開発を強要される。彼は医師インセンと共に兵器開発をするフリをしながら脱出用のパワードスーツを製作し、命からがらの脱出を果たす。帰国後トニーは自社の軍事産業からの撤退を発表。自らは自宅の作業部屋に篭って、新型パワードスーツの開発に没頭する。彼の周囲は恐ろしい陰謀がうごめいているとも知らずに…。

以下はこの映画に対するコメンタリーとなります。
ネタバレ(画像付き)なので注意してください!


A: 今回は、もうすぐ続編が公開される「アイアンマン」についてコメンタリーすることにしよう。

B: 続編を観る前に前作の復習を…といった感じですね。続編、ぜったいに私は劇場に足を運ぶつもりです!!

A: BくんはSF好きだもんね。私もこの作品は気に入ってるよ。

B: ではさっそく『アイアンマン』を振り返っていきましょうか!

A: そうだね。

B: オープニング。軍事企業スターク・インダストリーズのCEOであるトニー・スタークを乗せた武装車が襲撃に合い、トニーは負傷して気を失います。そしてトニーは人質として拉致されます。

cap052.JPG

A: 時間をさかのぼること36時間前。ラスベガスで開かれた授賞式会場で天才トニー・スタークの経歴がビデオで紹介される。4歳で回路基板を作り、6歳でバイクのエンジンを製作、17歳でMITを首席で卒業した。このようなシーン、どこかで見たような記憶が・・・。そうか、NHK教育テレビで昔やっていた米ドラマ『天才少年ドギー・ハウザー』だ!

B: そのドラマ懐かしいですね、私も見てましたよ。ちなみに主人公ドギー・ハウザーを演じたニール・パトリック・ハリスは、『スターシップ・トゥルーパーズ』に主人公の友人役で出演してました。

A: そばかす顔でチリチリ頭だった少年も『スターシップ・トゥルーパーズ』では立派な青年に成長していたね。私はあの昆虫グロ映画、好きだったなあ。

B: 話が大きく脱線してしまいましたね(汗) 続き行きましょう。授賞会場に現れずカジノで遊んでいたトニー。自由奔放でナルシストで女好きである彼、これからスーパーヒーローになる人とは思えぬ行動です。

A: 『スーパーマン』や『X−MEN』、『バットマン』なんかは始めから文句なしのスーパーヒーローだけど、『スパイダーマン』のような人間くさい主人公が徐々にスーパーヒーローになっていく作品のほうが私は好きだな。本作は『スパイダーマン』のように過程が楽しめるよね。さあ、トニーはどのようにしてアイアンマンになっていくのだろうか。

B: それでは続きです。トニー・スタークは新兵器のデモのため、プライベートジェットでアフガニスタンの軍事基地を訪れます。

cap054.JPG

A: ちょっと待った! 今の日本酒が出てくるシーン、トニーは「サシミ、クダサイ」と言ってるぞ。だけど字幕は「サシミには酒が欲しい」てなってる。空耳か?

B: たしかにそんな風に聞こえますね。「You can't have sashimi without sake.」と言っているそうですが、どう聞き直しても「サシミ、クダサイ」ですね(笑)

A: 音楽じゃないけど、空耳アワー出してみようかな(笑)

B: アフガンでの兵器デモは大成功を収めました。そしてその帰り、トニーを乗せた車は襲われ、オープニングの拉致シーンに戻ります。

A: トニーは爆弾の破片が心臓に達しないよう胸に電磁石を取り付けられたおかげで命を救われた。彼の命を救ったのはインセン。同じように彼らに拉致された一人である。トニーは強力な武器を国が保有することによって戦争は抑制され世界は平和を保てると思っていた。しかし、彼が生み出した兵器の多くはテロリストなどの武装集団に渡り悪用されていた。その光景を目の当たりにした彼は武装集団から武器の製作を依頼され引き受けることになるが、この場から一刻も早く脱出しようとある計画を立てる。それはどんな敵にも負けないパワードスーツの製作だった。

>cap055.JPG

B: まずは小型のアーク・リアクターの完成ですね。これを電磁石のある胸に取り付け、まずは重いバッテリーから解放されます。続いてパワードスーツの製作に取り掛かり始めますが、武器の製作を依頼した武装集団たちが彼らの動きを怪しみだします。

A: なんとか敵の目をごまかしたトニー。いよいよ脱出のカウントダウンだ。ここからはトニーが『ロボコップ』のように敵をやっつけていく。命の恩人であるインセンは敵にやられてしまうが、トニーは敵のアジトを破壊し無事脱出に成功する。パワードスーツは重く、空へ飛び上がったのは数秒だった。

B: 米軍に保護された彼はさっそく会社に戻り記者会見を開きます。会見で彼は、「今まで武器を作ることが国のためになると信じてきた。しかし、自分の作った武器で人が死ぬのをこの目で見てきた。自分は違うかたちで国のためになることをしたい。本日をもって我が社は武器の製造を中止する。」と発表しました。

A: スーパーヒーローの誕生だな。

cap056.JPG

B: 自宅へ戻った彼は、さっそくアーク・リアクターの交換を行ないます。

A: ここで秘書が取り外した古いアーク・リアクターをトニーの指示通り処分してしまっていたらアウトだったな。後々この古いアーク・リアクターが重要になってくるからね。

B: トニーはパワードスーツ・マーク2の開発に入ります。初号機は材料が乏しかったため飛行が失敗に終わりましたが、マーク2では完璧な飛行を目指すため実験を繰り返しながら精度を高めていきます。

A: 失敗を繰り返しながら完成していく過程が見られるのは楽しいよね。

B: この飛行実験のシーン、一般的なSFではワイヤーを腰に固定して中に浮かせるんですが、それだと足がフラフラしてしまい、足の裏で飛行するパワードスーツでは不自然になります。本作ではパワードスーツの飛行が自然な感じになるよう、足もとにワイヤーを固定して中に浮かせたそうです。そうすると足で踏ん張る姿勢になるので、シューズで飛行している姿が自然になります。以上、製作の裏話でした。

cap058.JPG

A: いよいよ完成したパワードスーツ・マーク2。飛行は問題なく成功したが、高度の高いところでの "氷結" という新たな問題が出てきた。そこでトニーは "氷結" に負けないマーク3の開発を始める。

B: 秘書とのちょっとしたロマンスも挟みつつ、トニーは会見で「武器の製造は中止する」と発言したにも関わらず、まだ武器を輸出している事実を知らされます。自分の会社が不正取引を行なっていることに怒りをおぼえたトニーは、武装集団を一掃するべくマーク3で現場へ向かいます。

A: 武装集団があっという間にやられたね。マーク3の威力はすごいな。

B: 武装集団をやっつけたのはいいのですが、今度は味方である米軍に未確認機として狙われてしまい、戦闘機との空中戦です。

cap059.JPG

A: すごい、ドッグファイトだな。戦闘機1機墜落させちゃうけど、このF22って戦闘機は100億円以上する代物。本物だったらとんでもないな。

B: 会社の不正行為を探っているうちに、とうとう黒幕が判明します。トニーの拉致を指示したのはトニーの父と共に会社を大きくしてきたトニーの右腕オバディア・ステインだったのです。彼はトニー暗殺と会社乗っ取りを画策していました。パワードスーツ・マーク1の回収に成功した彼はアイアンモンガーという巨大なパワードスーツを部下たちに作らせるのでした。また、トニー・スタークしか作れない唯一のアーク・リアクターは、本人から直接奪います。もうやりたい放題です。

A: 生きるエネルギーを奪われたトニーだったが、ここで処分せずに残しておいた古いアーク・リアクターが彼の命を救うことになる。

B: 処分しなかった秘書さんに感謝ですね。

A: さあ、いよいよ最終決戦だ!

cap060.JPG

B: このアイアンモンガー、大きな図体のわりにけっこう素早い動きするんですよね。

A: しかも、トニーがあれだけ苦労してパワードスーツの制御を行なっていたのに、このオッサンどこで練習していたんだか、初めて乗り込んでるにも関わらずむちゃくちゃ制御の仕方がうまい。運動神経がいいというだけで片付けられないぞ、これは。

B: パワーに劣るマーク3。トニーは最後の手段に打って出ます。それは、会社にある巨大なリアクターを秘書に爆発させ、その爆発でアイアンモンガーを破壊しようというものでした。古いアーク・リアクターで戦ったためパワーも残りわずかでマーク3はもう戦えません。秘書にすべてを託したトニーは「今すぐボタンを押して爆発させろ」と言いました。リアクターから放出されたエネルギーによって、制御を失ったアイアンモンガーとともにステインは巨大リアクターの中に落ち、トニーは勝利します。

A: 翌日、市街で繰り広げられた昨夜のパワードスーツ同士の戦いは "アイアンマン" という名前までつけられ、新聞に大きく取り上げられてしまう。事態の収拾を図りたい政府だったが、記者会見場の席でトニーは公言した。「私がアイアンマンだ。」と。

cap064.JPG

B: 本編はここで終わりますが、エンドクレジット後におまけシーンが残っていますよね。見逃した人はもったいないですよ。

A: パート2でもエンドクレジット後におまけシーンがあるらしいぞ。映画館に観に行く人は必ず最後まで席に座っていること!



↓今回のコメンタリー作品

アイアンマン


↓コメンタリーで登場した映画作品群

スターシップ・トゥルーパーズ


スーパーマン


X−MEN トリロジーBOX[4枚組]


バットマン


スパイダーマン


ロボコップ


ネットで商品を購入するなら [楽天市場] がオススメ。
出店数が多いので商品をより安くゲットすることができます!!
楽天市場


レンタル店のTSUTAYAが運営しているネット宅配サービスです!
TSUTAYA DISCAS


宅配レンタル業界No.1。豊富な品揃えが魅力です!
ぽすれん



posted by はるさめ at 06:24 | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。