2012年08月26日

【観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー】

『ムカデ人間』(2009年 蘭・英)

ムカデ人間.jpg


『ムカデ人間』(原題: THE HUMAN CENTIPEDE (FIRST SEQUENCE))
2009年 オランダ/イギリス作品
監督 : トム・シックス
出演 : ディーター・ラーザー 、 アシュリン・イェニー 、 北村昭博 ほか


---- あらすじ/ストーリー ----
ヨーロッパを旅行中の2人のアメリカ人女性が突然のパンクに見舞われ、一軒の大邸宅に助けを求める。翌朝彼女たちが目覚めると、地下室のベッドに日本人男性と共に寝かされており、異常事態を察知するが、家の主であるドイツ人男性によって、人間の口と肛門を結合させる“ムカデ人間”の手術が始まろうとしていた。

以下はこの映画に対するコメンタリーとなります。
ネタバレ(画像付き)なので注意してください!



A: いやー、2年ぶりとなるレビューは『ムカデ人間』。変態な医者の悪趣味を描いた作品だ(笑)

B: Aさん、お久しぶりです! 2年ぶりなので、何が選ばれるのかワクワク&ドキドキしていましたが、まさか『ムカデ人間』になるとは…。この作品、私は正直言って苦手です…。

A: 私は大好きだよ! そんなにグロテスクな描写はないから、ホラーが苦手な人でも観れると思うよ。かなり悪趣味な内容だけど、そこは作り話だから許せるって感じだね。これが本物だったらさすがの私でも撮った人たちの人間性を疑ってしまうよ。

B: それを聞いて安心しました。では、さっそく『ムカデ人間』を観ていきましょう。

A: うん、そうしよう。

cap087.JPG

B: 冒頭、怪しげな男が車内で何やら写真を見ているシーンから始まります。写真には一列につながった3匹の犬が…。気味の悪い謎めいたオープニングですね。

A: まぁ、まだこの時点では何が起きようとしているのか、細かな状況は分からないね。ここではトラック運転手の太ったおっさんが、道路わきの草むらで排便中にこの怪しげな男の犠牲となってしまう。響き渡る銃声、果たして殺されてしまったのだろうか…。

B: 場面はかわって、2人の女性がホテルで談話しているシーンになります。どうやらアメリカからヨーロッパに旅行しに来たようです。今はドイツに滞在中で、これから旅先で出会った男性に誘われたパーティー会場へ車で向かうことになります。林道を走っていると、慣れない土地での夜道のせいか道に迷ってしまい、挙句の果てにはタイヤがパンクしてしまうというトラブルに見舞われてしまいます。

cap090.JPG

A: ホラー映画に登場するこの手の女性は、必ず裸になって殺されちゃうんだよね。『13日の金曜日』など王道のスプラッタ・ホラーではド定番な演出。私の好みは右側の子だね。

B: 別にAさんの好みはどうでもいいです…。

A: あ、2年ぶりにBくんのツッコミ。懐かしいなぁ。もっとツッコミおくれ!

B: ……。

A: ……。え、、、えーっと、次いこうか…。

B: そうしましょう。結局、どうしようもなくなった2人は、助けを求め林の中を歩くことに。途中、雨が降ってきてさらに最悪な状況の中、なんとか一軒の家を発見し駆け込みます。

A: ここからが恐ろしい出来事の始まりだね。さっきまでの状況をはるかに超える地獄が待っていようとは…。家の主はストーリー冒頭に出てきた怪しげな男! 彼は彼女たちを迎え入れ、助けるふりをして2人を眠らし地下室に監禁してしまう。監禁された場所には冒頭に登場したトラックの運転手もいたのだった。

cap092.JPG

B: トラックの運転手もこの怪しげな男の企みによって拉致されていたようですね。ただ、残念なことにこの運転手は何かに不適合だったようで、あっさりこの場で殺されてしまいます。Aさん、この男の不可解な行動は実に怖いですね。

A: この俳優、この役にピッタリな容姿だよね。実に怪しげな雰囲気を醸し出していて、『羊たちの沈黙』のレクター博士役、アンソニー・ホプキンスを彷彿させる怪演っぷりだね。

B: そうですね。この俳優さんの顔はきっと今後も忘れないでしょうね(笑) このあと、怪しげな男は第4の犠牲者として新たな人間を拉致してきます。その人間はチンピラの日本人男性でした。そしてようやく怪しげな男の正体が明らかになるのです。

A: 彼はヨーゼフ・ハイター博士。シャム双生児の分離手術の名医として知られている外科医。現在は引退しているが、彼は野望を実現するために3人を監禁した。それは "分離" ではなく "創造" すること。冒頭で見つめていたつながった3匹の犬の写真は、彼が結合手術を施して創りあげた生命体であった! ここから、彼の尋常ではない結合手術の内容が監禁された3人に告げられる。まずはじめに、膝の皿のじん帯を切断し、膝の伸縮を不可能にする。次に2番目、3番目の人の歯を抜く。そして肛門部と口唇部をつなぐことで先頭で摂取した栄養が2番目を通り、3番目から排泄されることになる。これが彼の創造する生命体 "ムカデ人間" の全貌だ。

cap094.JPG

B: 聞いているだけで気持ち悪いですね…。どうして彼はこんなおぞましい奇行へと走ってしまったのでしょうか…。

A: ひとつの道を究めすぎた結果なんだろうね…。

B: 人間の欲って恐ろしいですね。次、観ていきましょうか。

A: うむ。手術を開始しようとハイターが3人に麻酔を投与しようとしたそのとき、女性の1人が逃げ出してしまう。慌てるハイター。彼女の逃亡に悪戦苦闘するも、なんとか麻酔銃を発射し、彼女は再び捕まってしまうことに。

B: あぁ、せっかくあともう少しで脱出できたのに…。結局、手術は行なわれてしまいます。抜歯、膝の切開、そして結合。手術は長時間に及んだようで、施術後のハイター博士はぐったりの様子です。

A: さぁ、いよいよ彼の作品(結合された人間)がお披露目だ!

cap095.JPG

A: 自分が創造した作品をカメラで撮影するハイター。完全に頭がイカれてるな。ムカデ人間役の人たちは演技とはいえ、この姿はかわいそうだ。包帯をオムツみたいに巻かれてるし、女性たちはおっぱい丸出しだし、前の人のおしりに顔くっつけなきゃいけないし…。

B: 映画と分かっていても残酷ですよね…。ここまで惨めな格好をさせられるなんて…。ハイターは3人に鏡で自分たちの姿を見せます。あまりにも惨めな姿に絶望して泣き叫ぶ3人。その絶望する姿を見て喜ぶハイター。おまけに自分の偉業に感動して泣いてしまう始末。とんでもない人間ですね。

A: そうだね。けど、ここからしばらくは調教シーンとなり、犬のように扱うハイターとそれに反抗するムカデ人間と…、少し滑稽な展開が繰り広げられる。ストーリー中盤の、束の間の休息といった感じかな。

B: いやー、私はあまりにもかわいそうで直視できなかったですね。自由がきかず、逃げることができない3人。このままここで一生を過ごすことになってしまうのでしょうか…。しかしこのあと、事態は急展開を迎えます!

A: 鳴り響く玄関コール。玄関前には2人の刑事が! どうやら最近起きている失踪事件(ハイターが犯人)の捜査で伺った様子。

cap096.JPG

B: 良かった! 救世主の登場ですね。刑事がハイターを逮捕し、無事3人は救出されてハッピーエンド、チャンチャン♪ってことですよね!

A: ふふーん、それはどうかな。

B: えっ!? 違うんですか? うわー、早く続きを観ていきましょう。

A: 怪しげなハイターの言動に、2人の刑事たちは疑いの目で彼を見る。そんな刑事たちをハイターは新しい獲物として監禁するため、お決まりの方法で眠らそうとする。しかし、刑事たちの執拗な尋問にイライラしてしまったハイターは、自ら墓穴を掘ってしまい、刑事たちに悪事がバレてしまう。

B: おお! これでハイターの悪行ももうおしまいですね。

A: さあ、結末はどうなるか。いよいよエンディングに突入だ!

B: ハイターが失踪事件の犯人だと確信した刑事たちは、正式に家宅捜査を行うため、捜査令状を持って再び訪れる、と言い残し、ハイターの家を出ます。もう後がないハイターは、証拠を消そうと3人がいる地下室へと戻りましたが、そこには3人の姿がありませんでした。

A: 形勢逆転だな。

B: 3人は脱出を諦めていませんでした。先頭の日本人男性はチャンスをずっと窺っていたのです。手術用のメスでハイターは足を負傷してしまいます。地下室からなんとか1階へ上がり、出口を目指す3人。それを必死で追いかけるハイター。窓ガラスを割って脱出しようとしていたそのとき、追いついたハイターが部屋に入ってくるのです!

A: ここで、先頭の日本人が奇妙な行動をとる。彼は割れた小さなガラスの破片を持ち、ハイターのほうへと向かって懺悔するかのようにこう言った。「俺は人間であると信じたいです」 そして彼は突然、ガラスの破片で首を切って自殺してしまう。

cap098.JPG

B: このシーンはセリフの重みと首を切る生々しさ、痛々しいシーンですね。

A: そうだね、このシーンは深いものがあったね。さて、ここから浮かばれないシーンの連続となっていく。

B: ここでようやく刑事たちが戻ってきます。遅い!とツッコミを入れたくなりますが、ここは我慢して観ていくことにしましょう。もう逃げ場がないと察したハイターは、地下にあるプール室に身を潜めます。刑事の1人がプールへ向かい、ハイター逮捕まであと一歩のところまできます。しかし、ここで悲しい出来事が…。なんと最初の訪問時にハイターから手渡され飲んだ水に含まれていた麻薬がきき始めてしまうのです。その結果、意識が朦朧としてしまった彼はハイターに殺されてしまいます。プール室から聞こえてきた銃声に慌ててもう1人の刑事が駆けつけます。

A: うん、そしてそして!

B: なんと、もう1人の刑事とハイターは相撃ちで共に死んでしまうのです!

A: なんてこった…。さらにラスト直前に悲しいお知らせがもうひとつ。3番目としてつながれていた女性は栄養失調で力尽き亡くなってしまうのだった。最後まで生き残ったのは真ん中につながれた女性ただ1人。身動きのとれない彼女は、助けも呼べずただひたすらこのままでいるしかないのであった…。

cap099.JPG

B: 衝撃のラストでしたね。残酷に残酷を塗り重ねたアンハッピーな終わり方。『マーターズ』のときもそうでしたが、ここまでアンハッピーだと気分が滅入ってしまいますね。次回はハッピー・エンドな作品を期待します!

A: ふふっ。Bくん、実はこの『ムカデ人間』は3部作らしいよ。しかもパート2の『ムカデ人間2』は、なんと12人がつながるんだって! 観てみたいと思わないかい?

B: いいえ。もうこのシリーズのコメンタリーは懲り懲りです…。




↓今回のコメンタリー作品

ムカデ人間



↓コメンタリーで登場した映画作品群

13日の金曜日


羊たちの沈黙


マーターズ



ネットで商品を購入するなら [楽天市場] がオススメ。
出店数が多いので商品をより安くゲットすることができます!!
楽天市場


レンタル店のTSUTAYAが運営しているネット宅配サービスです!
TSUTAYA DISCAS


宅配レンタル業界No.1。豊富な品揃えが魅力です!
ぽすれん




posted by はるさめ at 05:37 | TrackBack(2) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/288414630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ムカデ人間 (2009年)
Excerpt: 評価: ★★★★★★☆☆☆☆( 6/10) 作品情報を見る [作品名/タイトル] ムカデ人間 [英題・原題] THE HUMAN CENTIPEDE (FIRST SEQUENCE) [製作年・国]..
Weblog: 映画のあらすじ・感想データベース
Tracked: 2012-08-26 06:24

映画 「ムカデ人間」 見どころ紹介
Excerpt: 2011/7/2 に公開される、世界中の映画祭で上映され、タランティーノも 絶賛したオランダ発のカルト映画 「ムカデ人間」 の見所を紹介。 劇場へ足を運ぶ前に読んでおくと、より作品を楽しめる事間違..
Weblog: 【ふじっくす映画情報局】
Tracked: 2012-08-26 12:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。